日本人の95パーセントは2型糖尿病

日本人の95パーセントは2型糖尿病

糖尿病とは血糖値が高くなる病気です。糖尿病になると、ブドウ糖がエネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなり、血液の中にあふれてしまいます。

血糖値を下げるホルモンであるインスリンが足りなくなったり、うまく細胞に作用しなくなってしまうからです。糖尿病にはインスリンが分泌されない1型糖尿病、生活習慣の乱れが原因の2型糖尿病、妊娠糖尿病などがあり、日本人の95パーセントは2型糖尿病といわれています。

健康診断などで糖尿病と診断された場合は医療機関で適切な治療を受ける必要があります。糖尿病は食事療法、運動療法、薬物療法で治療をしていきます。食事療法は糖尿病食品交換表を使って献立を作成していきます。1単位=80kcalを基準として肉類で何単位、炭水化物で何単位、と食品群を組み合わせていくのです。

献立を立てたことのない人でも食材の実物大の写真が掲載されているのでわかりやすくなっています。脂肪は悪者と思われがちですが、不飽和脂肪酸であるオメガ3脂肪酸http://xn--3-e8tzba4rzioa7esqjdxe.xyz/は血液中の脂質濃度を下げる働きがあるといわれています。青魚に多く含まれています。

 

血液サラサラを目指すならキノコや魚油などのオイル類がおすすめ

血液の流れを良くすることは、成人病や生活習慣病などの予防に繋がるので、血液サラサラに働きかける食材は、日頃から摂取したいものです。

キノコ類のシイタケには、エリタデニンという成分が含まれていて、悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やすことで、血液をサラサラにする働きが期待されています。シイタケなら手頃な料金で購入でき、色々な料理に使用できるので、摂取しやすい食材です。

魚油やオリーブオイルなどのオイルも、血液サラサラに期待でき、魚油はDHAやEPAが含まれているので、血中の余分な脂肪やコレステロールを排出する働きが期待できます。オリーブオイルもオレイン酸やポリフェノールなど、複数の成分が含まれているので、血液サラサラや活性酸素の抑制など、様々な働きかけが期待できます。

血液の流れを良くすることは、健康維持に大切なことなので、日頃から摂取しやすい食材で摂取するのが理想的です。摂取のしやすさと言えば、味噌を使った味噌汁がおすすめです。味噌汁は、中性脂肪を下げる働きが期待されていて、利尿作用もあるため血液サラサラに働きかけるには理想的な食材です。